ストレスによる薄毛問題も解決?格安スマホで家計が大節約

家族が多いと意外にも生活費を圧迫するのが通信費です。今やスマホ、携帯端末は1人1台の時代です。家族が多ければその分、携帯端末や通信費は跳ね上がってしまいます。そのやり繰りがストレスとなってホルモンバランスが崩れて抜け毛や薄毛に悩む主婦は意外にも多いです。

そんな家計を圧迫する固定費を節約できるのが格安スマホのメリットでもあります。

通常のキャリアであれば1台もつだけでも最低6000円〜7000円の費用がかかります。もし格安スマホに変えたなら、1台のコストはその半分にまで落とすことが可能なケースだってあります。

節約できるかどうかは、個人の利用によって変わりますが、多くの方は3大キャリアの契約条件以下でスマホを利用しているケースが多いです。例えば通話はほとんどしないのに現在の3大キャリアではかけ放題となっており、利用料金も上がりました。逆にデータ通信量は下がる。

今や、電話よりもLINE、SNS等のデータ通信で連絡をとるのが一般的になってきており、電話の必要性は昔に比べるとかなり頻度は下がっています。

それなら使った分だけ加算される格安スマホの通話SIMを利用した方が実は安上がりになるケースは多くあります。データ通信量だって3大キャリアと同じ2GBであれば格安SIMは1000円以内で利用することが可能。

節約のためにまずは、自分のスマホ利用が毎月どのくらいなのか?

平均を出しましょう。
通話料金、データ通信量の平均値が出せれば格安スマホのプランと当てはめてみて、3大キャリアとどちらが安くスマホを維持できるか比べると一目瞭然でわかると思います。

この通信費の節約に成功すると数万円は家計を浮かすことができる可能性もあります。家計のやり繰りが大変な主婦であればストレスから開放されて薄毛や抜け毛問題からも解消されるかもしれません。

女性のための育毛・薄毛克服の教科書でも言われてるように、ストレスを感じた女性はホルモンバランスがおかしくなり頭髪に大きく影響を受ける可能性があります。

特に年齢を重ねてくるとプレ更年期と合わさり、ホルモンバランスの崩れはより酷くなります。そうならないためにもストレスの原因となる通信費での圧迫を早めに開放していくことは大切なことです。

私の友人で7人家族の方がいるのですが、全てを格安スマホに変えてから1人約3000円の節約に成功しています。7人いるので合計21,000円も通信費の節約に成功。生活も楽になって夕飯のおかずも少し良いものが買えるようになったそうです。

格安スマホ選びの大ポイント

格安スマホを選ぶときには知っておきたいポイントがあります。

まず初めに気になるのは端末の性能についてです。

大手携帯キャリアでスマホを購入する際にはたくさんの選択肢があり、それぞれ比較する中でご自身の求める性能の端末を選ぶ事になるのですが、格安会社の場合はこの点で大きな違いがあります。

実は格安会社の場合は取り扱う端末の種類が著しく少なく、数少ない選択肢の中で選ばなければならないのです。

中には地雷とも言える低スペックな端末が混ざっている場合もありますので是非とも気をつけておきたい所ですが、格安スマホを選ぶときに知っておきたいポイントとしてRAMが挙げられます。

RAMとはランダムアクセスメモリの略称で、パソコンで言う所のメモリにあたります。

パソコンを使用する際にはメモリの容量が無ければ動作が安定せずにスピードが遅くなるなど問題が発生する事になり、スマホでも同様にアプリが安定せず強制終了することもあるのです。

では購入に際してRAMにどれくらいの容量があれば良いのでしょうか。

まずRAM容量が512MBの場合はかなり不安がありますので手を出すべきではなく、1GBであればぎりぎりのラインに、1.5GBほどになれば充分になりこのレベルであれば安心して購入できます。

続いてこれまで大手キャリアのスマホを使用してきた方が格安のスマホに乗り換える場合にもまた知っておきたいポイントがあります。

大手キャリアで新規や継続でスマホを購入する場合は回線と端末がセットで販売されますので、特にご自身で通信設定や通信確認を行なう必要が無くすぐに回線が使えます。

一方で大手キャリアから格安スマホの場合にMNP(ナンバーポータビリティー)で移行すると、こうした設定を自分自身で行なう必要があり非常に手が掛かります。

ただ最近では一部の格安会社でカウンターを設置する動きもありますので、この点もまた格安スマホを選ぶときに知っておきたいポイントとして挙げられます。

知っておきたい格安スマホの落とし穴

格安スマホは費用をかけずに購入し、その後も安く利用し続ける事ができます。

ただ初めて格安のスマホに手を出す際にはあまり知識が無いまま価格だけに釣られて購入するケースが非常に多く、後々に初心者の方が陥りやすい落とし穴に気がつくこともあるのです。

スマートフォンはもはや生活や仕事に欠かせない存在ですので、使い勝手が悪いなど問題があれば困った事になりかねません。

どのような問題があるかについては事前に知っておきたい所ですが、具体的にどのような落とし穴があるのでしょうか。

まず格安スマホでしばしば言われるのはデータ通信量の上限が低く設定されている点についてで、多くは月間1〜3GBまでと制限されています。

ただこの点についてはデータ通信量の数値を高く設定している格安会社もありますのでそちらに申し込めば済む話なのですが、もう一つ避けては通れない落とし穴が存在するのです。

そもそも格安会社の場合は電話回線やネット回線をNTT docomoやauなどから借り受けてユーザーに提供しているのですが、回線全体が混雑した場合には回線速度を大幅に絞り通信規制を行う事があるのです。

例えば自宅で使う際には問題なくても、都市部で人が多い繁華街では回線速度が半減以下まで下がる事もありますので、この点についてはあらかじめ知っておきたい落とし穴です。

また申し込みの際にMNP(ナンバーポータビリティー)を行なうと手続きに時間が掛かります。

申し込みの手順としては、まず現在お持ちのスマホのキャリアに連絡を入れてMNP番号の発行してもらい、続いて格安会社に申し込みをして手続きに入るのですが、これまでのキャリアで回線停止してからSIMカードが配送されるまでには時間を要するのです。

回線が停止する期間は早くて2日間、またそれ以上に及ぶ事も往々にしてあるので要注意です。

またそれだけでなく格安スマホにMNPで一度乗り換えてから再び大手携帯キャリアに戻ろうとした時に、格安会社からは転出が断わられ戻れなくなるケースもありますので、この点も知っておきたい注意点です。

格安スマホの通信費は安いのか?メリット・デメリットを挙げてみる

スマートフォンは購入するにもその後の通信費も高額になることから、家族が多いご家庭では購入を控える場合もあります。

しかしこうした消費者の声を受けて従来型のスマホとは異なる格安スマホと呼ばれる種類が続々と登場するようになり、一人あたりの通信費を月額で数千円から1万円以上と大きく費用を落とすことも可能になりました。

この格安スマホは従来の携帯キャリアが手がけるものではなく、ビックローブ・OCN・So-netなどのプロバイダから、ビックカメラ・イオン・ヤマダ電機などの小売業者などを始めとして様々な業種から参入している新しい形のスマホサービスです。

いずれも本体価格はかなり抑えられて5万円台からそれより著しく設定されている機種もあります。

そして何より月額料金が安い事が大きな特徴で、通信費が抑えられる点がメリットとして挙げられます。

月額料金については各社で差はあるもののおよそ2000〜3000円台である場合がほとんどで、従来の携帯キャリアの場合はおよそ6000〜7000円台になりますので、双方を比較すれば倍以上の価格差があります。

またプランについても既存の携帯キャリアはごちゃごちゃして分かりにくい一方で、格安スマホはいずれも月額いくらと分かりやすく表記されていますので、特に家族で複数台所有する場合は費用が分かりやすい点もメリットとして挙げられます。

ただその一方で少なからぬデメリットもあり、最初に挙げられるのは選べる機種が少ない点です。

海外製の安いスマホは少なく国内メーカーがほとんどですが、携帯キャリアで購入する場合とは異なり選択肢が著しく少なくないのです。

また月あたりのデータ通信量については1〜3GBまでと設定されている場合がほとんどで、この点は非常に大きなデメリットです。

ただプランによってはやや費用が上がるものの10GBや無制限と設定している会社もありますので、現在のご自身のデータ通信量に合わせて選ぶこともできます。

このように格安スマホはメリットとデメリットの双方がありますので、細かく比較して後になり後悔しないよう検討する事が必須です。

プロバイダ料金を節約するためにできることとは?

インターネット回線を申し込む際には、NTTなど光回線やADSLを直接取扱う会社ではなく、ネットへの接続サービスを提供する事業者であるプロバイダに申し込みを行います。

実は国内ではインターネット回線と接続事業者はそれぞれ分かれています。

そのためネットに繋ぐ際にはIDやパスワードなどを発行する接続事業者を介して接続する事になりますので、プロバイダへの申し込みは欠かせないのです。

接続の申し込みを行う際には初期費用と共に月ごとに接続料が発生する事になるのですが、料金で節約するために出来ることはあるのでしょうか。

まず料金を節約するために出来ることとして挙げられるのは、接続事業者であるプロバイダを比較してお得な業者を選ぶことです。

国内では多くの会社がネット接続事業に参入していますので、古くから事業を営む大手から中小まで多くの会社が存在します。

こうした会社ではそれぞれで料金体系が異なりますので、比較をする中でもっともお得な会社に新規で申し込んだり、また乗り換えをするのでも良いでしょう。

特に乗り換えに関してはサービスの比較や新たな申し込みと手が掛かることから乗り換え自体を思いつかない事もあるのですが、会社によっては乗り換えキャンペーンを展開している場合もありますのでお得に利用できます。

続いてプロバイダの費用節約のために出来ることとしては、あえてのダウンサイジングが挙げられます。

一般的な傾向として各種あるネットサービスはいずれもデータ量が多くなる傾向があり、特に映像やゲームなどは画質が向上したことで通信回線の容量が大きく増えています。

そのためこれまでADSLを利用していた方はより高速な光回線へと切り替える事になるのですが、それぞれのご家庭をより細かく見ると必ずしも通信料が逼迫している訳ではなく、ADSLでも充分である場合もあるのです。

普段から家族であまりネットを使用しない場合はADSLに変更するのも料金を節約するために出来ることとして挙げられます。

そして、スマホ。
現在は多くの方がドコモ、SoftBank、auといった3大携帯キャリアと契約をしているはずです。しかしスマホ利用が少ない場合は余計に料金を支払っているケースが多々あります。

例えば、電話しない。ネット通信もあまりしない。もしくはほとんどWi-Fi環境で使っている。なんて人は相当な損をしています。

ここで節約術となるのが格安SIMやスマホを導入することです。3大携帯キャリアに比べると制限は多いですが月額料金が圧倒的な安さになります。自宅の回線、スマホの見直しをするだけで月に5000円〜10,000円の節約は可能となります。面倒かもしれませんが、使えるお金を増やす意味でも通信にかかる固定費の削減をしていきましょう。

格安SIMやスマホ、または自宅回線をよりサイズダウンしたい場合は通信費を節約する方法【最強のスマホ・ネット節約術】で紹介されているWiMAX、格安SIMを参考にすると良いです。

これからは携帯も自分で好きなプロバイダを選べる時代に突入します。乗り遅れると大きな損失にも繋がります。今の内から勉強して通信費用の節約を図っていきましょう。

通信料金の支払いはクレジットカードがお得なのか?

スマートフォンやネット回線などの通信料金は毎月のように支払いを継続します。

支払い方法については携帯キャリアやプロバイダにより選択肢に多少の違いがあるのですが、一般的には口座振替・Pay-eazy (ペイジー)・クレジットカード・銀行ATMなどいずれか選ぶ事になるのです。

利便性で考えた時に自動で料金が引き落とされる口座振替やカード払いを選択することが多いのですが、節約について考えた時にはクレジットカードの利用がお勧めです。

なぜ通信料金をカード払いにすると節約になるのか、そもそも携帯キャリアやプロバイダから請求される料金はどの方法を選択しても金額が変化することはありません。

カード払いにしたから料金がお得になる訳ではないのですが、一つここで重要になるのはカード払いを選択するとクレジットカードのポイントを貯めることができる点です。

一般的にカードでの支払いは借金と受け止める方も多く、他国と比較しても日本の場合は現金払いを選択する事が多くあり、カードの普及率や使用率はそれほど高くない状態にあります。

そのためカード会社では少しでも多く利用を促進するようにポイント制度を導入しているのです。

加算率については100円もしくは1000円支払うごとに1ptなど会社により違いもありますが、カード払いするごとにポイントが貯まるのです。

またカードには流通系や銀行系など様々あるのですが、その中でも航空会社系のカードの場合は決済で使用するごとにマイルが加算されています。

このマイルもまたポイントと同様に各種サービスやプレゼントと交換できたり商品券やプリペイドカードに交換することができるのです。

特に通信料金の場合は毎月のように請求される固定費になりますのでポイントを溜めやすい特徴があります。

またスマホやネット回線などはもちろんのこと、電気・ガス・水道・電話なども含めて固定費の全てをカード払いにするとより大きくポイントを貯めるができ、リターンがある分だけ節約に繋がるのです。

スマホ通話の料金を抑える・節約できるアプリ

スマートフォンは非常に便利な端末ですが、少なからぬ不満として費用の高さを指摘する声が多く聞かれます。

このスマホの費用については月々で変動するものの平均でおよそ6000〜7000円ほどと答える方が多く、その内訳を見ると費用の実態が透けて見えてきます。

まずパケットは定額プランで費用は変わらないものの、電話料金に関してはかけ放題プランに入らない限りは電話する時間に比例して加算される事になり、スマホ通話の料金が全体の費用を押し上げているのです。

しかしこうした状況を回避する方法もあり、スマホ通話の料金を節約するためにアプリを使用する方が以前より多くおります。

アプリを利用した場合にはパケット通信で無料電話を行うことができ、この場合は電話料が掛かりませんので費用を大きく節約する事が可能なのですが、この手のアプリにはどのような種類があるのでしょうか。

まず国内でもっとも普及している種類としてLINE(ライン)が挙げられます。

LINEは韓国のネイバー社の日本法人であるLINE株式会社(旧NHN Japan)が開発提供している物で、ライン電話(電話機能)・トーク(テキストチャット)・タイムライン(ソーシャル機能)などの機能が付いています。

特に低年齢層で多く普及しているのですが、その半面でアカウント乗っ取りによる詐欺が多発するなどセキュリティ面で不安があります。

同様の通話アプリとしてはカカオトーク(Yahoo! JAPAN)・Skype(マイクロソフト)・Viber(楽天)・Tango(TangoMe, Inc.)・comm(DeNA)などと種類は非常に多く選択肢は様々です。

またそれ以外にも携帯キャリア系では050Plus(NTT Com)などの種類もあります。

050PlusはNTTコミュニケーションズが手がけている点で大きな安心感があり、相手がインストールしていない場合でも携帯番号に電話をする事が可能で、スマホ通話の料金を大きく節約することができます。

通話料金と通信料金を減らすために

スマートフォンの毎月の料金をおさえるためにはいくつかの方法があり、料金をおさえるには通話料金、通信料金をうまく利用するひんどによって変えていくことで、月々の利用料金をおさえることが可能となります。

通話料金をおさえるには、スマートフォンならではのアプリを使って通話を行うことで通話料金をおさえることができます。 

スマートフォンを利用しているその多くが利用しているといわれているLINEを使うことで、通話を無料で行うことができるので、通話料金を安くすることができます。また、最近ではスマートフォン用の通話定額制プランを各携帯会社がはじめているので、LINEの通話では満足しない方であればスマートフォン用の定額制プランに加入することで、使った分だけの料金を支払うよりも通話料金を安くすることができます。

スマートフォンを使用する上で料金が高くなってしまうのが、通信料金がです。

通信料金は、インターネットを使うための料金であり、スマートフォンでは高速通信が楽しめるために通信料金が高くなってしまうかたが多く、料金が高くなってしまわないためには、wifeを上手く使いこなすという方法がおすすめです。

通信料がたかくなってしまうことには、通信の量が多くなっ手島う事が原因であることから、通信量を減らすことが一番の方法であることから、wifeの電波がある場所でのアプリのダウンロードや動画視聴などを行い、通信量をなるべく減らすことで、追加の料金を減らすことができたり、契約しているプランを安いプランへと変更することで、料金を安くすることができます。