プロバイダ料金を節約するためにできることとは?

インターネット回線を申し込む際には、NTTなど光回線やADSLを直接取扱う会社ではなく、ネットへの接続サービスを提供する事業者であるプロバイダに申し込みを行います。

実は国内ではインターネット回線と接続事業者はそれぞれ分かれています。

そのためネットに繋ぐ際にはIDやパスワードなどを発行する接続事業者を介して接続する事になりますので、プロバイダへの申し込みは欠かせないのです。

接続の申し込みを行う際には初期費用と共に月ごとに接続料が発生する事になるのですが、料金で節約するために出来ることはあるのでしょうか。

まず料金を節約するために出来ることとして挙げられるのは、接続事業者であるプロバイダを比較してお得な業者を選ぶことです。

国内では多くの会社がネット接続事業に参入していますので、古くから事業を営む大手から中小まで多くの会社が存在します。

こうした会社ではそれぞれで料金体系が異なりますので、比較をする中でもっともお得な会社に新規で申し込んだり、また乗り換えをするのでも良いでしょう。

特に乗り換えに関してはサービスの比較や新たな申し込みと手が掛かることから乗り換え自体を思いつかない事もあるのですが、会社によっては乗り換えキャンペーンを展開している場合もありますのでお得に利用できます。

続いてプロバイダの費用節約のために出来ることとしては、あえてのダウンサイジングが挙げられます。

一般的な傾向として各種あるネットサービスはいずれもデータ量が多くなる傾向があり、特に映像やゲームなどは画質が向上したことで通信回線の容量が大きく増えています。

そのためこれまでADSLを利用していた方はより高速な光回線へと切り替える事になるのですが、それぞれのご家庭をより細かく見ると必ずしも通信料が逼迫している訳ではなく、ADSLでも充分である場合もあるのです。

普段から家族であまりネットを使用しない場合はADSLに変更するのも料金を節約するために出来ることとして挙げられます。

そして、スマホ。
現在は多くの方がドコモ、SoftBank、auといった3大携帯キャリアと契約をしているはずです。しかしスマホ利用が少ない場合は余計に料金を支払っているケースが多々あります。

例えば、電話しない。ネット通信もあまりしない。もしくはほとんどWi-Fi環境で使っている。なんて人は相当な損をしています。

ここで節約術となるのが格安SIMやスマホを導入することです。3大携帯キャリアに比べると制限は多いですが月額料金が圧倒的な安さになります。自宅の回線、スマホの見直しをするだけで月に5000円〜10,000円の節約は可能となります。面倒かもしれませんが、使えるお金を増やす意味でも通信にかかる固定費の削減をしていきましょう。

格安SIMやスマホ、または自宅回線をよりサイズダウンしたい場合は通信費を節約する方法【最強のスマホ・ネット節約術】で紹介されているWiMAX、格安SIMを参考にすると良いです。

これからは携帯も自分で好きなプロバイダを選べる時代に突入します。乗り遅れると大きな損失にも繋がります。今の内から勉強して通信費用の節約を図っていきましょう。