格安スマホの通信費は安いのか?メリット・デメリットを挙げてみる

スマートフォンは購入するにもその後の通信費も高額になることから、家族が多いご家庭では購入を控える場合もあります。

しかしこうした消費者の声を受けて従来型のスマホとは異なる格安スマホと呼ばれる種類が続々と登場するようになり、一人あたりの通信費を月額で数千円から1万円以上と大きく費用を落とすことも可能になりました。

この格安スマホは従来の携帯キャリアが手がけるものではなく、ビックローブ・OCN・So-netなどのプロバイダから、ビックカメラ・イオン・ヤマダ電機などの小売業者などを始めとして様々な業種から参入している新しい形のスマホサービスです。

いずれも本体価格はかなり抑えられて5万円台からそれより著しく設定されている機種もあります。

そして何より月額料金が安い事が大きな特徴で、通信費が抑えられる点がメリットとして挙げられます。

月額料金については各社で差はあるもののおよそ2000〜3000円台である場合がほとんどで、従来の携帯キャリアの場合はおよそ6000〜7000円台になりますので、双方を比較すれば倍以上の価格差があります。

またプランについても既存の携帯キャリアはごちゃごちゃして分かりにくい一方で、格安スマホはいずれも月額いくらと分かりやすく表記されていますので、特に家族で複数台所有する場合は費用が分かりやすい点もメリットとして挙げられます。

ただその一方で少なからぬデメリットもあり、最初に挙げられるのは選べる機種が少ない点です。

海外製の安いスマホは少なく国内メーカーがほとんどですが、携帯キャリアで購入する場合とは異なり選択肢が著しく少なくないのです。

また月あたりのデータ通信量については1〜3GBまでと設定されている場合がほとんどで、この点は非常に大きなデメリットです。

ただプランによってはやや費用が上がるものの10GBや無制限と設定している会社もありますので、現在のご自身のデータ通信量に合わせて選ぶこともできます。

このように格安スマホはメリットとデメリットの双方がありますので、細かく比較して後になり後悔しないよう検討する事が必須です。