知っておきたい格安スマホの落とし穴

格安スマホは費用をかけずに購入し、その後も安く利用し続ける事ができます。

ただ初めて格安のスマホに手を出す際にはあまり知識が無いまま価格だけに釣られて購入するケースが非常に多く、後々に初心者の方が陥りやすい落とし穴に気がつくこともあるのです。

スマートフォンはもはや生活や仕事に欠かせない存在ですので、使い勝手が悪いなど問題があれば困った事になりかねません。

どのような問題があるかについては事前に知っておきたい所ですが、具体的にどのような落とし穴があるのでしょうか。

まず格安スマホでしばしば言われるのはデータ通信量の上限が低く設定されている点についてで、多くは月間1〜3GBまでと制限されています。

ただこの点についてはデータ通信量の数値を高く設定している格安会社もありますのでそちらに申し込めば済む話なのですが、もう一つ避けては通れない落とし穴が存在するのです。

そもそも格安会社の場合は電話回線やネット回線をNTT docomoやauなどから借り受けてユーザーに提供しているのですが、回線全体が混雑した場合には回線速度を大幅に絞り通信規制を行う事があるのです。

例えば自宅で使う際には問題なくても、都市部で人が多い繁華街では回線速度が半減以下まで下がる事もありますので、この点についてはあらかじめ知っておきたい落とし穴です。

また申し込みの際にMNP(ナンバーポータビリティー)を行なうと手続きに時間が掛かります。

申し込みの手順としては、まず現在お持ちのスマホのキャリアに連絡を入れてMNP番号の発行してもらい、続いて格安会社に申し込みをして手続きに入るのですが、これまでのキャリアで回線停止してからSIMカードが配送されるまでには時間を要するのです。

回線が停止する期間は早くて2日間、またそれ以上に及ぶ事も往々にしてあるので要注意です。

またそれだけでなく格安スマホにMNPで一度乗り換えてから再び大手携帯キャリアに戻ろうとした時に、格安会社からは転出が断わられ戻れなくなるケースもありますので、この点も知っておきたい注意点です。